私たちは、人の日常の動作すべてを快適に整えます。

MORE MESSAGE

ABOUT

メッセージMESSAGE

理学療法士ということ

私が理学療法士を目指した理由は、学生時代に部活でケガを繰り返し、「どうすれば早く治せるのか、どうすれば再発しないのか、どうすれば練習効果が高まるのかを知りたい」という思いを抱き、“医学的な知識を持ち、ケガの原因がわかり、その対処法を実施でき、動きを分析できる専門家になりたい”と考えたからでした。
資格をとった後でも、その思いは変わらずこれまで多くの臨床経験を重ね、仲間と研鑽してきた中で、目指した思いを実現できる資格だと確信しております。

健康や運動に対する意識が高まり、ケア・トレーニング方法やセルフケア健康機器について多くの情報が発信されている現在、自分に合っているものはどれか、どう選べばいいのか困ることはありませんか。
私たちは、そのお悩みに、解剖学・運動学的な観点から骨や関節、筋肉を生体が本来持つよい状態に整え、機能性を高め、動くためのベース作りを行う我々“理学療法士”の技術が大いに役立つと考えます。

キネティックアクトについて

理学療法士として勤務している中で、既存のケア・トレーニング方法や健康器具・サポーターなどに物足りなさを感じ、自分たちがイメージする『カラダ本来の機能を取り戻すサポートをする』方法や商品が欲しいと思い、同じ思いを持った仲間たちと起業しました。

キネティックアクトは、KINETIC(運動の、運動学の) + ACT(活動、動き)を合わせた造語であり、

“ヒトの動きを整える”

という私たちの思いを込めています。

Re:style カラダの仕組みを整える

“カラダの動きを整える”ことで、痛みや不調を改善し、本来ご自身が持っている能力を引き出させ、更に自分史上最高のパフォーマンスを発揮できるようサポートします。
このコンセプトは私たち理学療法士が持つ医学的根拠を背景とした概念・知識・技術に基づいており、弊社の事業全てに共通しております。

そして、弊社のロゴマークがついた商品は、全てこのコンセプトに基づいております。
このロゴマークを見たときに、「カラダのことがわかっている人がつくったもの」と安心して使用していただけるよう、ケア・運動方法の開発やモノづくりを日々進めております。
海外発信の流行りの製品や運動方法が多く紹介されている中で、日本人の骨格・筋肉の質に合ったケア・エクササイズ方法や商品を展開していくことは、私たちの使命と考えております。
弊社の『ヒト本来の動きを再構築する』というコンセプトを基に開発した概念、ケア・運動方法、商品は、日本人ならではの繊細さや細やかさ、妥協せず高みを目指す職人気質が込められた「ジャパンブランド」の一つとして世界に発信していきます。

私たちは、人の日常の動作すべてを快適に整えることで、皆様がやりたいことに取り組み、楽しんで生活していただけるようサポートをします。

株式会社キネティックアクト
代表取締役 岡崎倫江